介紹

朝比奈 みくる(あさひな みくる)(声:後藤邑子)
北高2年(アニメでは2年2組在籍となっている)の女生徒にして、SOS団副々団長。ハルヒが「ロリで巨乳な萌えマスコット的キャラ」として拉致(ハルヒ曰く「任意同行」)してきた。元々は書道部に在籍していたがハルヒによって退部させられ、SOS団付きのメイド兼マスコットとなる。
真面目で気が弱い性格。ハルヒにいいようにオモチャにされ、毎回様々なコスプレをさせられるが、健気に耐えている。強制されたはずのメイドやお茶くみについて勉強したりと、現在の立場をそれなりに楽しんでいるようだ。バレンタインデー(の翌日)に行ったイベントで巫女に扮し、団の活動費を調達した功績をふまえ、副々団長に任命された。身体的特徴は「巨乳」、チャームポイントは左胸の上にある星形のほくろ(キョンに『憂鬱』の中で指摘されるまでは本人でさえほくろが星型をしていることを知らなかった)。運動神経はあまりよくない。
その正体は、はるか未来から来た調査員(駐在員)だが、まだ研修生以下の見習いレベルでほとんど権限がないらしい。未来から来たわりには何一つ状況を知らないことが多く、パニックに陥ることもしばしば。長門や古泉のように特別な力というものもほとんどなく、限定的な時空移動しか出来ない(しかも任意ではなく申告制)ため、能力的にはほとんど普通の人間である。また、持っている知識は現代のそれとはズレがあり、今の時代では当たり前のことも知らないことが多い。
未来人である以上いずれは元の時代(未来)へ帰らねばならず、別れで悲しい想いをしないようにと現代では誰とも恋愛しないと決めている。
大人バージョン(朝比奈さん(大))
みくるの数年後の姿(長門有希曰く「異時間同位体」)で、現在よりおよそ3割増しの巨乳。第1作『憂鬱』からたびたび登場し、第3作『涼宮ハルヒの退屈』収録の「笹の葉ラプソディ」以降は「朝比奈さん(大)」として現在の「朝比奈さん(小)」と区別されている。
説明のない不可解な行動を取ることが多く、キョンたちをしばしば困惑させる。基本的にキョンや長門有希の前にのみ出現し、朝比奈さん(小)には存在自体が秘密になっている。なお、朝比奈みくるは(大)(小)とも、長門有希が苦手で、古泉一樹の前には意見の相違が原因であるのかは不明であるが姿を現したことはない(『涼宮ハルヒの憤慨』現在)。

關連商品


face我們了解您不想看到廣告的心情⋯ 若您願意支持巴哈姆特永續經營,請將 gamer.com.tw 加入廣告阻擋工具的白名單中,謝謝 !【教學】