介紹

キョン(声:杉田智和)
本シリーズの主人公で、ストーリーの語り部。県立北高校1年5組の男子生徒にして、SOS団団員その1。家族には両親の他に妹がおり、また彼自身も長子ではない模様。キョンというのはあだ名で、本名は明かされていない。やたらに厄介ごとを背負い込む苦労人で「やれやれ」が口癖。女心には鈍感。あまり自己主張こそしないが、洞察力や直観力に関してはハルヒに劣らず明晰である。ただ、成績はSOS団では一番悪い。
性格はかなり理屈っぽく、愚痴をよくこぼすところがある。文句を言いつつも人付き合いはよく、お人好し。限度を超えて暴走するハルヒを叱ろうとしたり、長門を処分しようとした情報統合思念体に啖呵を切るなど、熱い一面も持っている。
今のところ、特定の相手に恋愛感情を抱いているということはないようだが、みくるに対しては過剰なまでにその愛らしさを毎回語っている。好みの髪型はポニーテール。
本来ごく普通の一般人のはずだったが、ハルヒに選ばれた人間として、また対ハルヒの切り札として、涼宮ハルヒを取り巻く各組織からは「鍵」として重要視されている。事実、SOS団内でハルヒに対して意見出来る人間はキョンだけである。
ジョン・スミス
初出は、第3作『涼宮ハルヒの退屈』収録の「笹の葉ラプソディ」。3年前の七夕の夜に時間遡行したキョンが、当時中学1年生のハルヒに対して名乗った偽名。ハルヒとジョンの運命的な出会いがSOS団結成の遠因となった。
ハルヒは「ジョン=キョン」という事実に気づいていないが、初めてキョンと会話をした際、それを疑うような発言をしている。
第4作『涼宮ハルヒの消失』において、キョンは改変された世界のハルヒに対してこの名前を使用し、世界を修復するチャンスを得た。以後この名前は、ハルヒの力を目覚めさせる切り札として封印している。
有看本作品的網友也會看的

資料統計中。

關連商品

 


face我們了解您不想看到廣告的心情⋯ 若您願意支持巴哈姆特永續經營,請將 gamer.com.tw 加入廣告阻擋工具的白名單中,謝謝 !【教學】